とあるドイツ語専攻生のドイツ語尽くしな時間割〜言語学編〜

 

 

 

普段「課題やばいやばい」って言ってるけど、一体何してるの!?

 

 

 

 

 

まずは私の学問的プロフィールを簡単に▽

 

・国立大学4年生(卒業は5年目でします)

・ドイツ語専攻(主専攻はドイツ社会学)

・1年間のドイツ留学経験

・副専攻で経済学も

 

 

一体普段日本の大学では「どんな」ドイツ関連の勉強をし、「どんな」課題をこなしているのかについて、本日は書いていこうと思います^^

 

※多いしデータで重たくなるので二回に分けます!今日は「言語学」編!!

 

 

 

2017年冬セメスター

 

・私の学部のドイツ語専攻は、3年次にそれぞれ6つのゼミへ分かれています。(言語学2つ・音声学・文学・社会学・芸術学)

・そして私の主ゼミは「社会学」です。

・しかしドイツ語教員免許取得予定の都合で、ゼミを全て履修しています(普通は主ゼミだけ)。

・今学期は冬セメスターで卒論の時期なので、卒論関係が多かったです。

・単位取得だけを考えると「楽」な授業は多いのですが、やはりドイツ語教員免許取得の都合で私は基本的にほぼ全て「必修」の状態です。

 

 

時間割

 

 

上の時間割でオレンジ色になっている「ドイツに関する授業のみ」を扱いたいと思います^^

 

 

 

音声学ゼミ

月曜二限。フレンドリーな先生(女性)のゼミです。ドイツはあんまり関係ないかも・・・。

 

【人数】7人

【今学期の授業内容】

・音声再生ソフト「マイボイス」の運用

⇒マイボイスとは、自分の声(あ・い・う・え・お等)を録音してファイルとして一文字一文字登録しておくことで、文をあたかも自分が話しているように読み上げさせることのできる無料ソフトです。音声障害等で、発声できなくなる人のために開発されたようです。

参考:http://user.keio.ac.jp/~kawahara/myvoice.html

【課題】

・卒論予定者の中間発表&最終発表

・卒論未定者の学期末発表(卒論テーマと今後の課題について)

 

【わたしの課題「卒論テーマ」】

▽PPTの画面撮影したものを下に載せます。

 

 

 

言語学(文化人類学)ゼミ

火曜二限。優しい先生(男性)のゼミです。こちらも、ドイツはあんまり関係ないかも・・・。先生は主にスイスに

 

【人数】13人くらい

【授業内容】

・「差別」について(LGBT, ハンセン病, アイヌetc.)

【課題】

・卒論予定者の中間発表&最終発表

・なぜか私ひとりだけ卒論テーマ発表(上のPPTの内容とほとんど同じです)

・卒論予定未定者のA4 2枚レポート(授業と関連する本・映画等の考察)

 

【わたしの課題】

 

 

 

 

ガチ言語学ゼミ

火曜三限。言語学を愛してやまない(良い意味で)男の先生の授業です。五限も同じ先生です。

 

【人数】5人(内容がハードすぎてほとんどいないの)

【授業内容】

・ドイツ語で言語学について書かれてある論文(112ページ)を読み進める

⇒今回のテーマは『Thema Integration:主題統合』

例)Ich habe keinen Rotwein. は主題統合のない文(普通の文)

Rotwein habe ich keinen. は主題統合がある文

両方、形は違うけど文法的にはOK!なのです。こんな『主題統合』を統語論(文法・文の構造)や意味論(その文が示す意味)の視点から分析を進めているのが論文でした。

【課題】

・毎週月曜日16時までに、その次の回の「要約」を提出(1秒でも遅れたら無効)×15回

・それらの課題が100点満点で点数付けされる(私は基本70点〜80点でした)

・1回のドイツ語論文ページ数は10ページ前後⇒それを日本語に要約(という名のほぼ全訳)するとA4 7-10ページほどに。これが本気できつかった。

 

【わたしの課題:載せたらキリないので最終回の分を】

※これだけ二倍速です

 

 

 

ドイツ文学・芸術史

火曜五限の三限と同じ先生です。これまた課題がきつい!

 

【人数】10人くらい

【授業内容】

・ドイツ語で書かれてある、ドイツ19世紀頃の文学・芸術史を読み進める

・動向だけでなく、実際のその時代を代表する詩や本の抜粋も。(これを訳すのがまあ大変)

【課題】

・毎週土曜日23時59分までに、その次の回の範囲分の「全訳」を提出(1秒でも遅れたら無効)×15回

・それらの課題が100点満点で点数付けされる(私は基本70点〜80点でした)

・1回あたりの課題は2ページ前後⇒それを日本語に全訳すると、同じく2ページ前後に。

・三限よりは量が少ないけど、「全訳」のため採点が厳しい。意訳しすぎてもだめ、でも直訳じゃ変みたいなのが1番困る・・・・

 

【わたしの課題:載せたらキリないので最終回の分を】

 

 

 


 

 

 

ちなみに、これは全部日本の大学なんですが、ドイツ交換留学中の時間割等はこちらを見てね▽

あるドイツ交換留学生の時間割&授業内容

 

 

次回もお楽しみに〜♪

 

この記事が役に立ったー!と思ったら下のURLをポチっとお願いします。ブログランキングに参加しており、クリックでランキングがあがる仕組みになっています!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村

コメントを残す